作業環境測定

 労働者が安全に作業できる環境であるかを判断するための測定です。労働者に健康被害をもたらす粉塵、有機溶剤、特定化学物質などを計測する他、振動、騒音、換気等、作業環境を作業環境測定士により測定・評価致します。また、局所排気装置の点検も実施しております。

 お客様の状況に応じて、有害な因子の除去・低減、保護具や保護衣などの個人的な暴露防止の手段などの改善策などのご提案をさせていただいています。

作業環境測定が必要となる場面

 近年労働環境が原因で過労死等が発生しています。経営者、管理者は、労働者の安全を第一に考え、現状を見える化する必要があります。したがって、少しでも労働環境に不安があるときに、作業環境測定を行うことを推奨致します。

作業環境測定が義務付けられている作業場

義務付けられている作業場・測定表
作業場の種類 測定の種類
1 特定粉じん作業の行われている作業場 空気中の粉じん濃度及び、粉じん中の遊離けい酸含有率
2 暑熱、寒冷または多湿屋内作業場 気温、湿度、ふく射熱
3 著しい騒音を発する屋内作業場 等価騒音レベル
4 坑内の作業場 炭酸ガスが停滞する作業場 炭酸ガス濃度
28℃を超えるまたは超える恐れのある作業場 気温
通気設備のある作業場 通気量
5 中央管理方式の空調和設備を設けている建築物の室で、事務所の用に供されるもの 一酸化炭素及び二酸化炭素含有率、室温及び外気温、相対湿度
6 放射線作業を行う作業場 外部放射線量による線量当量率、空気中の放射性物質の濃度
7 特定化学物質(1類または2類)を製造し、または取り扱う屋内作業場等 第1類物質または第2類物質の空気中の濃度
8 石綿などを取扱い、試験研究のため製造する屋内作業場 石綿の空気中における濃度
9 一定の鉛業務を行う屋内作業場 空気中の鉛濃度
10 酸素欠乏危険場所において作業を行う場合の当該作業場 第1種…空気中の酸素濃度
第2種…空気中の酸素、硫化水素濃度
11 有機溶剤(1種または2種)を製造し、または取り扱う屋内作業場 当該有機溶剤の濃度